Cross one's mind
"心に浮かぶ" 瞬間の想いを綴る 小さな心の叫びを



--.--.--  <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. スポンサーサイト / スポンサー広告 // PageTop▲



2009.11.09  <<05:05


見えない壁。


ぶつかって、初めて気付く。


境が判らない。
隙間はあるの?



通りたい。通らせて。
だって、じゃないと届かない。





空しく響き、落つる雫一つ。


流るるは空虚。

虚ろなる感情。

矛盾する思想。


全てが一つとなる時、一は全となる。







全てであり、ただ一つ。

No.79 見えるようで / 徒然 / Comment*0 // PageTop▲



2009.10.22  <<05:02


彷彿とさせる。
なんて美しい宙-ソラ-だろう。
天空に浮かぶ星々の瞬き。


1つ落ちた流星群の名残に、嘘みたいに星でいっぱいだったあの宙を思い出す。





真夏なのに、広い庭の真ん中に炬燵を出してきて、そこに入って横になって、ただ宙を見上げた。
嘘みたいに星に埋め尽くされた光景に、呆然と見入った。

そしてそこら中を駆け巡る流星たち。
数え切れない程の流れ星を見た。


あの時は、宙の真ん中と呼べるような位置にオリオンが居た。
東京で見るオリオンは、はっきりそれと判るのに、あまりの星たちに、父さんに言われなきゃ見付けられない程だった。





こんなにはっきりオリオンを見たのは、何年ぶりだろう。
あの夏を思い出した。


1つ流れたあの星に願う。






いつかあの景色を、愛する人に見せてあげられますように。

No.77 あの夏を / 徒然 / Comment*0 // PageTop▲



2009.10.04  <<09:52


形は無い。

ただその想いで形成されるもの。





私は今、幸せだと思う。


想われて、想って。
それだけのことで、幸福感に満たされる。



触れ合うと、心地好い。
撫でられると、嬉しい。







人間って単純。

No.75 幸せって / 徒然 / Comment*0 // PageTop▲



2009.09.26  <<23:02


忘れない。



とっくに通じてた筈のものにずっと気づけずに、ここまで来てしまっていたのね。

でも、それも必要だったのかな。





暗い海辺で風に吹かれて。
仲間と居るのに一人になって。


真っ直ぐな言の葉をありがとう。


何ともないとすぐ返せるものも、何ともなくないとすぐ返せないのだと知った。






大事だから。大切だから。
そう簡単には出てこないの。

No.74 今日という日を / 徒然 / Comment*0 // PageTop▲



2008.02.10  <<11:55


限界の。





なんか、我ながらフラストレーション溜まりすぎ。
無意識ならいいけど、意識向いてしまう時点でもう遅い。
閉じ込めてた筈の、ネガティブな面が復活しつつある。
去年の3月末から5月頭までの、おかしな期間が蘇る。
壊れてたわー自分。ライヴに行きたくなかった。
その内、ライヴ行けないことに苛立ってきて、行けるようになったけども。

長かったなぁ、復帰するまでの約1ヶ月半は。

全てにおいて、自分が嫌だった。
消えられるものなら消えてしまいたかった。
でも出来なかったのは、生かされてるから。
何かに、私は生かされてる。無意識の産物。誰だ?


荒んだアイツが、 躯をオレに明け渡せ と迫りくる。


五月蝿い、黙れ。これは私の躯だ。
二度とお前なんかに、意識を委ねるものか。





抜け出さなくてはいけない。
此処から、何処かへ。
違う世界へ行かないと、壊れてしまう。
自分が。



助けて。



…………………誰が助けてくれるっていうんだ?
誰も助けてなんかくれない。
誰も此処には居ない。
私は独りだ。誰にも頼らない。頼れない。





違う世界へ行かなきゃ。捜さなきゃ。
此処はもうダメだ。居られない。


追ってくる追ってくる。足音が。










逃げるんじゃない、立ち向かうんだ。
見つめろ、自分を。

No.65 近づく足音 / 徒然 / Comment*0 // PageTop▲



photo by Sky Ruins / template by キミの、となり。
/ Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。